ニュース過去記事

当ホームページ開設前のニュースを簡単に寄せ集めたページです。

《2018年11月05日》 新球場建設に関してのお知らせ

協議を重ねた結果、2023年3月開業に向けて正式に新球場を建設することを決定いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

お知らせ|HOKKAIDO BALLPARK – 北海道ボールパーク

 

《2018年05月21日》 日本ハムが描くボールパーク構想の未来予想図 動き始めたビッグプロジェクト

アジアNo.1のボールパークの実現へ。日本ハムが選んだ理想郷は札幌ではなく、人口約5万8000人の北海道北広島市にある「きたひろしま総合運動公園」だった。2023年の開業に向け、動き始めた夢のビッグプロジェクトの構想と現在地をリポートする。

日本ハムが描くボールパーク構想の未来予想図 動き始めたビッグプロジェクト – 野球:週刊ベースボールONLINE

 

《2018年04月28日》 JR「新球場の輸送計画」が少し見えた。新駅か、北広島駅増強か

プロ野球北海道日本ハムファイターズが北広島市で計画している新球場について、JR北海道の観客輸送策として、新駅案と北広島駅増強案が検討されています。報じられた内容から、JR北海道の観客輸送の計画内容が、少し見えてきました。

JR「新球場の輸送計画」が少し見えた。新駅か、北広島駅増強か | タビリス

 

《2018年03月27日》 ファイターズ・日本ハム・電通の3社共同出資による準備会社設立のお知らせ

株式会社北海道日本ハムファイターズ(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:竹田憲宗、以下「ファイターズ」という)、日本ハム株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:畑佳秀)、株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本敏博)の3社は、株式会社北海道ボールパークを設立いたしました。

お知らせ|HOKKAIDO BALLPARK – 北海道ボールパーク